人を正しく導くのが使命~ライトワーカーの特徴とは~

ライトワーカーの資質や特徴とは?

ライトワーカーとは、直訳すると「光の仕事人」です。恐れや恐怖・不安から人々を救うために高次の次元から使わされた存在であるとか、人々を救うために転生してきた存在であるとか、さまざまな解釈がある存在です。解釈は数多くありますが、ライトワーカーとしての資質や特徴には一定の共通点があります。そもそもライトワーカーは先天性の存在なので、後天的になることはできませんが、ある資質や特徴を持っているのならば、まだ目覚めていないライトワーカーである可能性はあります。ライトワーカーの資質としては、人々を救うという使命から、生まれつき人に役に立つことや人を助けることに積極的なことが挙げられます。また、ほかの人よりも感受性が高く、繊細であり、共感性が高いこともその資質のひとつです。さらに、ライトワーカーの特徴としては、生まれつき権力や既存の支配体制を嫌う傾向にあり、そのことからも組織に属することよりも個人で動くことを好みます。また、神秘的な体験をしていたり、寺社仏閣の空気を好むという特徴もあります。

生き方を探す

占い

ライトワーカーに適した生き方

ライトワーカーの使命とは、地球にいる人々を恐れや不安といった負の感情から救い、知識や愛・自由といった希望の光を与えることによって、人々をポジティブな方向へと次元を高めてアセンションすることにあります。このような使命を持っていることからも、ライトワーカーは、人々を助ける職業や導く職業といった仕事に就くことが目的にそっているうえに、ライトワーカー自身にとっても心地よい適した生き方と感じることが多いです。具体的にいえば、教師やコンサルタント、ガイドなどといった人々に物を教え、正しい方向へ導く職業や医師や看護師、セラピストにカウンセラーといった人々を癒し助ける職業です。さらに、その癒しの対象は人々だけにはとどまらず、動物や植物、地球を癒したいと考えるライトワーカーも多く、動物愛護団体に貧困地域や紛争地域への問題解決を図る機関へ勤める人も多くいます。また、職業として癒し・助けの仕事に就くことはなくても、ボランティア活動に積極的に生きることが適した生き方として過ごしています。

インディゴチルドレンという存在とその特徴

ライトワーカーと類似の存在としてインディゴチルドレンという存在がいます。インディゴチルドレンは、ライトワーカーと似たような使命を持った存在であり、地球を新しい次元へと生まれ変われさせるために、今いる3次元から高い次元へと行くための壁を超えていく方法を伝え、人々をより高い次元へとアセンションすることが使命として生まれています。インディゴチルドレンも、先天的な存在ですが外見的な特徴はなく自覚のない人も多くいます。インディゴチルドレンの特徴としては、生まれたときから過敏であり共感性が高く繊細であることがまず第一にあります。また、自我が強くひとつのことに集中しやすい傾向にあり、そのことから集団行動が苦手です。さらに、芸術面において優れた才能を発揮することが多いです。

オーラを見る方法と見える人の使命

オーラというものは、どのような人々であっても持っているもの・発しているものです。このオーラを見れば、その人がどのような人であり、またどのような状態であるのかを知ることもできます。オーラが見える人々は、そのオーラからその人の状態を判断して、より良い方向へと導く使命を持っています。インディゴチルドレンやライトワーカーなどの、特別な使命や能力を持っている人々は、通常の人々と異なるオーラを放っています。しかし、誰であってもオーラを見ることができるかというとそうではありません。オーラを見るためには、オーラを見る方法を鍛えなければなりません。オーラを見るためには、まずオーラが絶対に見えると信じることです。通常目に見えないものが見えると恐ろしく感じられるかもしれませんが、見えると信じることが大切です。そして、オーラを見るときはリラックスして頭をからっぽにすることです。また、集中力も必要なので高めていきます。これらの点に注意して、最もオーラが出やすいという手をじっくりと眺めてみるとオーラが見えていきます。

[PR]

ライトワーカーの特徴を徹底解説!
自分に当てはまる部分があるかも!

オーラを見る方法を徹底解説!
自分も知らない自分に出会える♪

恋占いを無料で診断
片思いを成就させよう

手相で恋愛線をチェックしよう
運気を上げる方法を詳しく解説!

オーラーを見る方法を試した人の口コミ

オーラを見る方法を試したら、黄色と青色と紫色が見えました!

オーラを見たいと思ったキッカケは、自分の才能や長所もイマイチ分からないので知ることが出来たらと思ったのと、オーラが見えたら凄いと思ったからです。まずは、オーラを見る方法をインターネットで調べました。それで試した方法は、薄暗い空間で白い紙を机に置いて指を見るという方法でした。人差し指の輪郭をずーっと見ていると、だんだんと指の境界線がボヤけてきて溶けていくような感じになりました。これでいいのかと不安になったのですけど、一点を集中して見ていると色が見えてきました。私は、外側が黄色でだんだんと青色になり紫色が少し見えました。あと少し暗い色でした。見えて良かったです。

本当に見えた!私のオーラの色!

私が試してみたオーラを見る方法は、暗い部屋で無地の壁に手を伸ばし、その手のオーラを見るというものです。最初の数分は何も見えず、ただ二重に指先がぶれて見えるだけだなと思っていました。しかし、ふとした瞬間にうっすらと白い霧のようなものが、湯気のように出ているのが見えたのです。これが私のオーラなのだと感動しました。

オーラを見るには訓練を積むことが大事!

人のオーラを見る方法があるとネットで見つけたので試してみました。最初は全く見えませんでしたが、訓練を積んだら見えるようになりました。

オーラが見れるようになりました!

昔からオーラが見たかったので、実践してみました。霊感などの能力がない私ですが、練習を積んだら見れるようになって良かったです。